資格取得のための勉強時間

資格を取得して就職に成功したいと思っているあなたへ、一言。計画的に勉強することが大事です。ただダラダラと勉強するのではなく、1週間なり1ヶ月毎のスケジュールを立ててどこまですすめるかを決めてやらなければ、成功はしないと思っていた方がよいです。

では資格取得にはどのくらいの勉強時間が必要なのか調べてみました。当然のことながら普通の人がゼロ知識から始めることを前提にしています。やり方を工夫すればもっと効率的にできる方法がある方は、どんどん他の方法で試してみてください。

時間と知識が必要な資格取得に、3000時間かあるいは3年以上を必要とするものが一番で、それが「弁護士」だそうです。試験に合格した人の勉強度を調べてみたところ、予備校や専門学校の授業や基礎講座、択一講座や論文講座や論文答練、択一答練で200回ほどのフルコース講座を受講することで合格しているということです。学校での授業で600時間ほど。その他に自習をしないと合格はできないと言われています。これからすると最低でも3000時間ほどは勉強が必要ということです。

これは予備校をフルに活用した時の時間であり、もし予備校を使わなかったとしたらもっと時間はかかるとしています。これが最低の時間数ですからもっと勉強している人は、普通にいるということです。中でも特許法や意匠法、商標法などは法律中でも「特別法」とされており、難解なものであり理解しづらい科目とされていて、時間をかけて勉強をしなければ理解は不能と言われています。特に択一試験にかなり厄介な問題がたくさん用意されており苦しむ受験生がたくさんいると言われています。受験を初めてから短答合格までに2~3年かかり、論文合格までに2年かかるのが普通とされています。

このように難しい資格は様々ありますが、一度取得した後の人生へのプラスな影響力を考えれば、資格をとる苦労など取るに足らなくなるかもしれません。自分にあったことを仕事にできるよう、自分の特性を分析してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です